Ninja400と楽しむ人生色々

愛車のNinja400との戯れをはじめとした人生の楽しみや日々心の琴線に触れたことを綴っています。

ツーリング帰りのNinja400を洗車する!

昨日は久々にNinja400で200kmほど走りました。約3か月ぶりのある程度以上の距離があるツーリングは非常に楽しかったのですが、ツーリング後は私はバイクを洗車してあげることにしています。
ただ車体自体は自粛期間中もちょくちょく洗っていたのですが、チェーンはたまたまチェーンクリーナーを切らしていたこともあって多分半年近くメンテができてませんでした。県またぎも解禁されこれからはバイクに乗る機会も増大するでしょうから、チェーンクリーナーを補充してチェーンも含めて洗車してやることにします。

 

 
使用道具

ここで私が洗車する際に使用するアイテムたちを紹介したいと思います。まずは車体の洗浄に使うものです。


f:id:tremolopicking:20200621150213j:image

f:id:tremolopicking:20200621150217j:image

f:id:tremolopicking:20200621150220j:image

以上です。まさかの3種類のみで私はいつも洗車しています。もしかしたらバイクに詳しい方からしたら怒られるかもしれませんが、私はバイクをピッカピカにしたいという思いは特になく、また住まいが集合住宅なので洗剤の類をばらまくのが憚られるということもあり、最小限の部材での洗車です。

 

洗車の手順

①ジョウロに水を入れバイク全体に水をかけて濡らす
f:id:tremolopicking:20200621150259j:image
車体全体に水をかけてあげて汚れを浮かしていきます。この時は車体をこすったりしないで濡らすだけです。水がはいいてはいけない箇所(マフラー内部やUSB電源口)に水がかからないようにだけ注意します。

②水を補給し、軍手をつけてこすりながら車体を洗う
f:id:tremolopicking:20200621150313j:image
汚れが浮いたら再度ジョウロに水を入れ、さらに手に軍手をつけて水をかけながら車体全体を洗っていきます。
バイクは洗う面積が車にように多くなく、また洗車場の水圧でバイクを洗うのも逆効果という話もあり、実はジョウロで花に水を上げるかの如く洗っていけば油汚れ以外は落ちてくれます。

③車体全体を洗い終えたらチェーンを洗う
車体全体を洗ってあらかたの汚れを落としきったらチェーンの清掃を行います。チェーン清掃に使用するアイテムはこちら。
f:id:tremolopicking:20200621150339j:image
私は特にチェーンクリーナー等のメーカにこだわりはないので安くて通販サイトでの評価も高い呉工業のものを使用しています。特にチェーンクリーナーは容量もあり、湯水のごとく使ってもなくならないのがお気に入りのポイントです。


そして今回導入した秘密兵器がこちらです!
f:id:tremolopicking:20200621150353j:image

www.amazon.co.jp


センタースタンドが付いているバイクであれば不要ですが、チェーンを洗うためには後輪を回転させることでチェーンを動かし、チェーン全体を洗うことになります。
この時重要になるのが「いかに少ない労力でチェーンを動かすか」ということになります。後輪を動かすだけならバイク全体を移動させてもよいですが、これにはもちろんバイクをスペースが必要になり、なおかつ洗う→動かす→洗う→…という非常に面倒で疲れる行動が必要です。まあ論外ですね。


なので基本な何らかの部材を使用するのですが、私が今まで使用していたのがこれ。
f:id:tremolopicking:20200621150416j:image
これに後輪を乗せることで後輪が動くようになります。ただこれ結構力が要りまして、少なくとも私は片手では後輪を回すことができませんでした。夏のチェーン清掃はマジで地獄です。

よりチェーン清掃を楽にしたいと思ったので今回メンテナンススタンドを新たに導入しました。
f:id:tremolopicking:20200621150433j:image
使い方としてはサイドスタンドと逆側のスイングアームと地面の間にかませます。本体を横回転させると縦に伸び縮みする構造になっているので、サイドスタンドとメンテナンススタンドで車体を支えて後輪が浮くようにします。

使ってみた感想ですが、チェーン清掃が鬼のように楽になりました。まず後輪が片手で楽勝で回せます。これまでメンテナンスローラースタンドを使っていた際は両手で力を込めて回していたのが馬鹿みたいです。

ということで改めてチェーンを洗います。洗う前のチェーンの状態はこちら。


f:id:tremolopicking:20200621150451j:image

f:id:tremolopicking:20200621150458j:image

f:id:tremolopicking:20200621150455j:image

最近は湿度が高いためいよいよサビが発生してきました。またチェーンのスプロケが当たる個所が汚れでドロドロになってます。

ということで実際に洗います。やることは以下の4項目です。
(1)水で濡らしてウエスで汚れをふき取る
(2)次にチェーンクリーナーをぶっかけて改めて汚れを浮かす

f:id:tremolopicking:20200621150800j:image
(3)ブラシでこすり洗いを行い、仕上げにウエスで拭く

f:id:tremolopicking:20200621150809j:image
(4)チェーンオイルを注す

f:id:tremolopicking:20200621150822j:image

ということで清掃後のチェーンがこちら


f:id:tremolopicking:20200621150847j:image

f:id:tremolopicking:20200621150852j:image

f:id:tremolopicking:20200621150856j:image

側面のサビは取り切れませんでしたが、スプロケとの接触面はかなりきれいになったのではないでしょうか。ということで最後に車体全体の仕上げを行います。

④ウエスで車体全体を拭いて水気をとる
自然乾燥は水垢がついて汚らしくなるのでちゃんとウエスで水分をふき取ります。よりピカピカにしたいとき(誰かとマスツーリングする予定があるときなど)はさらにワックスがけを行っていく感じです。

f:id:tremolopicking:20200621150929j:image

 

まとめ

ということで終了です。車体清掃+チェーン清掃で1時間20分くらいかかりました。車体だけであれば30~40分くらいで終わると思います。
チェーン清掃は500~1000km走るか雨の走行の後にだけ実施すればよいので、次はチェーン清掃をさぼることができますね。
これは余談ですが、いつも洗車を終わらせた後にバイク全体を見渡すと新たな汚れが見つかるという悪循環が発生することがあります。私はそういう時はみなかったふりして気にしないようにしています(笑)。バイクなんて手や機材が入らない空間がありまくるので落としきれてない汚れなんてどこにでもあります。私としては洗車の極意は「完璧を求めないこと」、これに尽きるんじゃないかと思っております。

このブログで楽しんでいただけたらクリックいただけると励みになります

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

県をまたいでの移動が解禁されたので沼津にツーリングしてきた!

昨日ようやく待ち望んだ県をまたいでの移動がようやく解禁されました。私は昨日は免許更新を行っていたのですが、そもそも午前中は結構な雨が降っていたのでバイクに乗れませんでした。
ただ昨日で雨が降りきってくれたのかきれいに晴れ渡り、かつそこまで暑くもないという非常にバイク日和だったので、ようやく待ち望んだ少し遠方へのツーリングに行ってまいりました。

f:id:tremolopicking:20200620213106p:plain



今日のルートはこちら。

今日の目的地は以前緊急事態宣言が明けた際に行きたい場所として記事を書いた静岡県沼津市の内浦というところにある海辺となります。特にそこに行って何をするということもないのですが、仕事でめちゃくちゃなことになっている心を波の音を聞いて落ち着けようというのが第一の目標でした。

ということで朝10:00頃に出発しまして、ひとまず国道1号線新湘南バイパス西湘バイパスからの西湘PA(下り)を目指します。

f:id:tremolopicking:20200620213043j:plain

ということで国道1号線です。ここはいつもながら結構混んでます。ここから新湘南バイパスに乗るまで断続的に渋滞が発生していました。

新湘南バイパスは全く車がおらず快適そのもの!そのあと一般道を経由して西湘バイパスに乗り込みます。

f:id:tremolopicking:20200620213817p:plain
ちょっと見づらいですがこれが西湘の海です。まだ6月なので海岸にも全然人がいませんでした。まあ今年は7月とか8月とかでも全然人が来ないかもしれませんけど…。

そしてほどなくして西湘PA(下り)に到着です。

f:id:tremolopicking:20200620215951p:plain
なんということでしょう!西湘PA(下り)は駐車場と仮設トイレを残して封鎖されていました。バイク駐輪場もそれなりに埋まってたし、別にのども乾いておらずトイレにも行きたくなかったのでそのまま出て箱根新道に向かいます。

箱根新道はとても涼しくて走りやすかったですね。昨日の雨も全く影響がないドライな状況でした。そんな中一つだけ驚いたのがこれ。

f:id:tremolopicking:20200620221903p:plain

画像だとかなりわかりづらいのですが、この時の対向車はなんと仮免許練習中の車でした。箱根新道を教習で走るのは結構厳しいような気がしますね。登りならまだしも下りだし。
その後は特に問題なく箱根新道の頂上まで行き、そこから下って内浦入りしました。

f:id:tremolopicking:20200620223441j:plain

この辺まで来ると車も少なく、しかしラブライブサンシャインの聖地なのですがだからと言ってラブライバーもそんなに多くないので極めてバイクで走りやすいです。海の間際を走るのでとても気持ちいいですしね。
途中のミニストップで昼食を購入し、いよいよ憩いの場所に到着です。
f:id:tremolopicking:20200620232425j:image
f:id:tremolopicking:20200620232421j:image
そして今日のご飯はこれです。
f:id:tremolopicking:20200620232432j:image
色物な感じがしましたがなかなかおいしかったです。そして腹持ちはかなり良かったです。

ということで海辺での食事を早々にすまして何をするかというところですが、最初に書いたように何もしません(笑)。最初の方は私が最近ハマっている将棋の番組をAbemaTVで見てたりしましたが、30分くらいで切り上げてあとは波の音を聞いて心を落ち着けていました。ただちょっと今日は暑かったですので、今後さらに厚くなっていく中でのこの場所での過ごし方は考える必要がありそうですねえ。外で働く人向けの扇風機付きのジャケットとかを着て日陰で海をただただ眺めるみたいなことをするのもいいかもしれません。

ということでまだまだコロナに気を付けないといけないので今日はこれで引き上げることにしました。最後に内浦に来たらこの光景を見ておかないとね。

f:id:tremolopicking:20200620225522j:plain

内浦の淡島というところですね。ここには淡島神社とかウインダムグランド淡島という超高級ホテルがあるので1回行ってみたいのですが、淡「島」なだけあって離島になってるので船で上陸しなければならないうえに、この辺は車もバイクも止める場所がないのでツーリングでのコースに組み込むのは難しいんですよねー。

さて本当に帰ります。帰り道は沼津駅を経由して下ってきた国道1号を登り、道の駅箱根峠に寄り道することにします。三島付近を通りがかったあたりから若干雲行きが怪しくなってきたのですが、バイクで走る分には特に問題なく道の駅箱根峠に到着です。
f:id:tremolopicking:20200620232916j:image

芦ノ湖を見ながら一服します。
f:id:tremolopicking:20200620232521j:image
結構雲がかってます。これがもっと降りてくると道中が霧まみれになるんですよね。箱根新道に入る手前がこんな状態だったのでちょっと危なかったのかも。

f:id:tremolopicking:20200620231427j:plain


あとは箱根新道を下って次に下りがほぼ機能していなかった西湘PAの上り側を目指します。結果的にはこちらは普通に営業してました。

f:id:tremolopicking:20200620231724j:plain

箱根峠で休んでからそんなに時間が経ってなかったですがここでもコーヒーを飲んで一服することにしまして、その後はいよいよ自宅まで一気に帰りました。

ということで県越えが全国的に解禁されてからの初ツーリングでした。県越え解禁後の最初の週末とのことで人出が多いかなとも思いましたがあまり混んでなかったですね。
走行距離は約200km程度とそれほど距離を走っているわけではないのですが、何よりも3桁kmの距離をバイクで走ったのはおそらく3か月以上ぶりだったので、何よりもバイクで遠出できること自体がとても楽しかったです!これはもしかしたら来週もツーリングに出かけてしまうかもしれません(天気次第ですが)。

ちなみに道の駅鉾根峠にてこんなものを買ってしまいました。
f:id:tremolopicking:20200620232536j:image
f:id:tremolopicking:20200620232550j:image
うーん、今年はスタンプラリーやろうかなぁ、でも本格的にやろうとすると泊りがけになるし、悩む…。

このブログで楽しんでいただけたらクリックいただけると励みになります

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

運転免許センターで免許の更新をしてきた!

昨日は予定通りに全国での県をまたいだ移動が解禁され、予断は許さないながらも経済的な動きもこれから徐々に通常に戻ってきそうな気配があります。
そんな中5月末まで営業(?)を中止していた運転免許センターも密にならないような制限があるものの業務を再開したので、今日は仕事を休んで免許の更新を行ってきました。誰かの参考になるかもしれないので免許更新での手続き方を記載したいと思います(私は一般的な免許は取りきったので乗れるものが増える更新はもなさそうですが…)。私は神奈川県民なので二俣川運転免許センターというところで免許更新を行います。
ちなみに建物内に「撮影不可」の文字を見てしまったので免許センター内部の画像はありません…。

 

 

運転免許センターの場所

二俣川運転免許センターの場所はこちらです。

最寄り駅は相鉄線二俣川駅です。駅からバスが出ており5分程度で到着すると思いますが、歩きでも10分程度で到着するので私は駅からはいつも歩きで向かっています。

こちらが運転免許センターです。
f:id:tremolopicking:20200619183803j:image
ここは2018年5月に建て替わっておりめちゃくちゃきれいになっていて、以前の建屋しか知らない人がここに行くと普通にビビると思います。私も2018年10月に普通自動二輪MT限定解除の免許更新の際に建て替わった後の免許センターに行って度肝抜かれるくらい驚きました。

 

免許更新に必要な書類

当日の免許更新に必要な書類はこちらにまとめたのでご参考まで。今日実際に手続きして少し修正しています。tremolopicking.hatenablog.com

 

免許更新の手続き方

①建物内に入る

ここからは実際の手続きについてです。まずは建物内に入ります(笑)。予想通りかなりの人が並んでいました。
f:id:tremolopicking:20200619183824j:image
これが入り口に即した面です。

f:id:tremolopicking:20200619183842j:image
そこから列は駐車場に入ります。

f:id:tremolopicking:20200619183857j:image
建物に即して列もまた折れ曲がります。画像では見えない先にようやく最終地点がありそこから並び始めます。ちなみにこの時点で朝の8時です。今日は朝から結構な雨だったので人と人の間にいつも以上に間があったのか、列の長さの割にはすんなり建物内に入れた気がしました(外で並んだのは10分くらい)

 

②受付…ではなく証紙を購入

建物に入った後はすぐ正面に受付を行う機械が並んでいるのでついそちらに誘われますが、そちらは免許の期限を更新する方々の受付口です。私のように乗車可能な区分が増える人はまず直接3階に向かって証紙を購入します。証紙は、試験手数料:1,700円+交付手数料:2,050円の合計3750円分購入します。私は学科試験も免除だったので2050円でよいのかとも思ったのですが、あとに行う視力検査も試験に含まれるとのことで1700円も必要になりました。
証紙購入後は近くにある記載台で証紙を申請書に貼り付けます。ここで張り付けるのは試験手数料の1700円分のみとなるので、2050円分の証紙はなくさないように注意!

 

③受付

次にようやく受付を行います。この時間帯はB、C、Gの窓口が開いており、私のように学科試験が免除される人はBの窓口で受付を行います。警官が受付を担当していて鬼のようなスピードでバサバサ捌いていきます。
ここでは申請書、質問票が回収されます。住所が変わっている人は住民票も回収されるのかもしれません。私は変わってなかったので返却されました。

 

④視力検査

受付後は視力検査です。眼鏡、コンタクトを使っている人はここでちゃんと使って検査しないと吹っ飛ばされると思います。普通にやれば何も怖いことはありません。
ここを終了すると「暗証番号を設定してどこどこで待っててね」というカードをもらいます。

 

⑤暗証番号設定

視力検査を突破した後は新免許証に設定する暗証番号を「登録カード」としてあらかじめ発行しておきます。免許センター3階にこの暗証登録の登録カードを発行する機器は設置してあるので、その後に行われる写真撮影の前までに登録カードを発行する必要があります。
以前はこの設定作業にずいぶん人が並んだような気がしたのですが、実際写真撮影までは1時間程度待つため人もまばらであり、当日現地で暗証番号を考えても全く問題はありません。

 

⑥待合室で待機

暗証番号の設定も終えたら写真撮影まで所定の待合室で待機します。ここが一番長くて1時間くらい待機します。
時間になったら担当者が待合室に入ってきて、各々名前を呼ばれて受付で回収された申請書を渡されます。

 

⑦写真撮影

免許証に使われる写真を撮影します。ここで申請書は回収され、撮影がい終わると「運転免許交付通知書」を手渡されます。ここに最初に購入した2050円分の証紙を張り付け、免許受取日と氏名、生年月日を記入して再度先ほどの待合室で待機します。

 

⑧新免許証受け取り

再度待合室に担当者が入室してきて、「運転免許交付通知書」と旧免許証を引き換えに新免許証を受け取って終了です。記載内容に間違いがないかどうかをちゃんと確認しましょう。

 

まとめ

ということで免許更新の手続き方について記載しました。8:00に免許センターに到着して最終的に免許を受領したのが10:30とかだったと思うので2~3時間程度はかかります。なので会社によるでしょうが例えば午前半休とかでも十分会社に間に合うレベルです(私は午前半休ほど意味のない休みはないと思っているので全休にしますが)。べらぼうに時間がかかるというものでもないので、午前に免許センターに行って午後はゆっくり過ごすのが良い1日の過ごし方かと思います。


 

このブログで楽しんでいただけたらクリックいただけると励みになります

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

運転免許証の更新に必要なもの(大型自動二輪視点)

私は1月から3月中旬まで大型自動二輪免許取得のために教習所に通っていて卒業までしておりましたが、コロナの大流行により免許センターへ行って免許の更新をすることができてませんでした。
ただ明日からいよいよ県をまたいだ移動も解禁されるといううれしいニュースが入ってきましたので、仕事をほっぽり出して免許の更新に行くことにしました。
免許更新には必要な書類や実施曜日の指定があるので、本記事では免許更新当日に必要なものや実施日をまとめてみたいと思います。
ちなみに私は神奈川県在住なので「神奈川県警運転免許センター(二俣川運転免許センター)」というところで免許の更新を行います。

 

 

免許更新ができる曜日

今回の私の免許更新では「大型二輪・普通二輪免許(指定校を卒業して学科試験も技能試験も免除)の手続き」を行います。こちらは月曜日から金曜日しか実施していないという社会人泣かせの日程となります。まあこのおかげで私は年休を使って3連休にすることができたのですが(仕事で心が死んでいたので私にとってはありがたかった…)。

 

受付時間

受付の時間は8:30~9:00と13:00~13:30です。ただし現状二俣川免許センターでは日によって午前中は横浜市民、午後はそれ以外(もしくはその逆)といったように、なるべく密にならないように時間指定がされていますので、調べていかないと最悪その日は手続きできなかったということになりかねないので注意しましょう。

 

免許更新に必要な物たち

次に免許更新に必要なものをまとめてみます。以下の物たちが必要です。
①運転免許申請書・質問票
→これは教習所を卒業する際に受領しました。申請書には免許センターで当日証紙を買って張り付ける必要があります。
質問票は病気で意識を失ったことがあるか、体で動かない箇所がないか、飲酒運転をしたことはないか等の質問に答えるものです。
基本的に合致してしまうものはないのが普通かと思いますが、虚偽の回答をすると1年以下の懲役若しくは30万円の罰金に処せられるので、くれぐれも嘘はつかないようにしましょう。

②申請用写真(1枚)
→これはよく覚えていないのですが、おそらく免許更新の申請のためだけの写真かと思います。免許センターにも証明写真機の設置はされているようですが、おそらくかなりの人が利用すると思われ、余裕を持つためにも事前に準備することをお勧めします。
なお免許証に使う写真は当日撮影するはずです。大体当日とる写真は人相が悪くなりがちですが今回はどうなることやら…。

③本籍地が記載された住民票(1年以内に発行のもの、1通)
→記載の通りです。行政センター等にて事前に発行しておくと朝の時間に余裕ができます。当たり前ですが自分のもののみの記載でOKです(家族の記載は不要)。

④現に他の免許を受けている者はその運転免許
→これも記載の通りです。私の場合は現在の運転免許証(車、普通自動二輪)を持っていきます。
現在の免許証は回収されて新しいものに変わるので、必要に応じて券面コピーしておいてもよいかもです(コレクター向け)。

⑤眼鏡、コンタクト等
→眼鏡やコンタクトを使用している場合は当日持っていく必要があります。確か当日は視力検査があったような気がするので、眼鏡等がないとそこで吹っ飛ばされると思います。

⑥現金
→当日は証紙を購入するため現金が必要です。私の場合は試験も免除なので2050円が当日必要になるはずです。
6/19修正
学科免除でも3750円が必要です。視力検査も立派な試験となるので1700円の証紙を申請書に貼る必要があります。

⑦免許証に設定する暗証番号 
→持ち物ではないですが当日は運転免許証に2種類の暗証番号(4桁の数字)を設定します。その場で考えてもよいですがスムーズに手続きを行うためにあらかじめ考えていくのが良いかと思います。その場時間を使って考えてしまうと後続がつかえてしまうので周りの顰蹙を買うことになります
6/19修正
暗証番号設定は当日の視力検査後からの写真撮影までの間までに行いますが、この間が1時間程度あるのと、暗証番号設定用の機器も複数台あるので、当日現地で考えても誰かの迷惑になるということはありませんでした。

⑧マスク 
→これは平時は不要ですが現在はコロナの感染を可能な限り防ぐということで、当日マスクを不所持の人は免許センター内への立ち入りを断られるようです。
おそらくマスクなら不織布のものでなくともよいと思われますので、自分の罹患だけでなく周りに迷惑をかけないためにも準備して持っていきましょう。

これらを更新当日に免許センターまで持っていって手続きします。忘れ物をすると現状その日はあきらめざるを得ないので、子供のころを思い出し、前日にちゃんと準備しましょう。

 

まとめ

ということで今回は免許更新における実施曜日と時間、必要なものをまとめてみました。一番心配なのはやはりどのくらいの人が集まるのかというところですね。住所により受付時間が制限かつ平日という限定があるものの、免許更新というのが元来免許センターの前に大行列が出来上がるというのが必定ですので。
当日の手続きは何回かやっていますが、いつもどういう感じでやるのかを忘れてしまうので、明日実際にやってみた内容を記載してみたいと思います。確か単純に乗れるものが増えるような更新は結構時間がかかったような気がしています。


 

このブログで楽しんでいただけたらクリックいただけると励みになります

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

バイクのエンジンオイルとは何なのか?を調べてみた

私はツーリング用のバイクとしてNinja400に乗っていますが、通勤用としてヤマハのJOG50を使用しています。

f:id:tremolopicking:20200614105249j:image

Ninja400は購入店のフォローが良くて、定期点検のタイミングで手紙、メール、電話で連絡が来て、そのタイミングで店舗に伺って各種点検を行っています。
かたやJOGの方ですが通勤用+近所への外出に使っているため結構扱いが雑になってしまっています(ごめんよJOG…)。以前は平気で1年間なんの点検もしないということもザラだったのですが、そういうタイミングで購入店にもっていくとこの会話の応酬があります。
---------------------

f:id:tremolopicking:20200614105149p:plain

店:エンジンオイルは交換しましたか?
私:いや(何も)してないですね。
店:そうですか、じゃあものすごいことになってそうですね。

~エンジンオイル交換~

店:ほらー見てください!オイルめちゃくちゃ真っ黒ですよ!よくこんな状態で走らせてましたねー!!でも不思議なことにエンジン自体はそんなに状態は悪くないんだよなー。毎日使ってるからですかね、ハハッ!
私:・・・
---------------------

店に行くたびに言われるので辟易とするので最近は店から指定された走行距離もしくはオイル交換後から一定期間が経ったら交換に店に行って見てもらうようにしています。ただそんな中私は思ったわけです。

そもそもエンジンオイルって何してんだ…?

ということで今日はエンジンオイルについて調べてみたいと思います。

 

 

エンジンオイルの役割

毎回毎回交換しないとごちゃごちゃ言われるし、Ninja400のエンジンオイルについても「種別どうしますか?」みたいなことを聞かれるのでさぞかし重要な役割を担っているのかと推察します。調査の結果エンジンオイルの役割は以下であるということがわかりました。結論を言うととても重要です。

・潤滑
先日の記事でも調べましたがエンジン内部(シリンダー内)では「ピストン」等の金属部材が1分間に数千、時には一万回を超える高速回転をします。その回転で発生する金属同士の摩耗や焼き付きなどを軽減するため、エンジンオイルで滑りやすくしてやる必要があります。

・密封
「シリンダー」と「ピストン」はエンジン起動時は絶えず動き続けるわけですが、そこには実はほんのちょっぴり隙間があります(完全に密着しているとそもそも摩擦が発生しまくって動かない)。とはいえあまりにスカスカで気密性が保持されないとエネルギー効率が悪くなってしまうので、この気密性を保持する役割をエンジンオイルが担っています。

・冷却
エンジン各部はピストンを上下させるための1つの要素である「燃焼」やエンジンの各パーツによる摩擦によって高温な状態になっています(バイクで走り回った後エンジン触ると火傷するよ!)。エンジンオイルは高温のエンジンを冷やす役割も担っています。なおエンジン各部を回り熱を吸収したオイルはオイルパンという箇所に戻ってオイル自体が冷却されます。

・洗浄
エンジンは燃焼や回転により種々の汚れが発生しますが、これはエンジン性能を低下させるだけでなく、エンジン寿命自体を短くしてしまいます。エンジンオイルは汚れが特定の場所に留まらないように汚れを吸着したり、分散するという重要な役割を担っています。エンジンオイルが黒く汚れているということはちゃんと洗浄されているということです。ただしオイルが汚れを取り込む量には限度があるので、一定期間使用したエンジンオイルは交換が必要です。

・防錆
エンジン内はとても高温な状態になっているというのは上にも書きましたが、エンジンと外気温の差などにより水分が発生しやすく、なんとこれが「錆」の原因になります。この錆もエンジン性能の低下やエンジンの短命化の原因になります。エンジンオイルはこの錆の発生を予防することも一役買っています。

ということで改めて調べてみるとエンジンオイルはバイク(というか自動車全般)において非常に重要な役割を果たしているということがわかりました。
特に洗浄についてはエンジン内を洗っているというのは初めて知ったので、そりゃ1年間も同じオイルを使っていれば真っ黒になるわな!という感じです(JOGホントごめん…)。
防錆においてもエンジンの寿命にも関わってくるため、ちゃんとメンテナンスしてあげることがそのバイクを長く使ってあげることにつながるということですね。

 


エンジンオイルの交換タイミング

エンジンオイルが重要な役割を担って、特に洗浄作用には限界があるため交換が必要であるということはわかりました。では一体どういったタイミングで交換するのが良いんでしょうか。
調べてみた結論ですが「ズバリ」というものが見つかりませんでした。ただバイク界隈においては「3000~5000kmの走行もしくは半年に1回」というのが一般的なようです。オイルは半年を過ぎたあたりから酸化しだして品質が落ちるという記載も見つけたので、まあ理にかなっているのかなと思います。
ちなみに私のJOGも「3000km走るか半年したら持ってきて!」と言われています。Ninja400についてはKAWASAKIのメンテナンスノートには「6000kmで1年交換」と記載があるのですが私は何となく半年に1回交換しています。

 

まとめ

以上がエンジンオイルと何なのかということと、交換交換言うけどどのくらいのタイミングで必要なのかをまとめてみました。
口酸っぱく言われるだけあってエンジンオイルはバイクの寿命にかかわる重要なものであるということがわかりました。通勤用のバイクにお金をかけるというのは私としても本望ではないのですが、バイクが壊れたらそっちの方が費用がかさむのでより長く乗ってあげるために基本的な整備はしっかりやってあげたいと思います。
ちなみにエンジンオイルにはいろいろ種類があるようなのでそちらに関する内容は別の記事にしたいと思います。

何はともあれJOGよ、これからもよろしくな!

f:id:tremolopicking:20200614104920j:plain


 

このブログで楽しんでいただけたらクリックいただけると励みになります

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

普通自動二輪免許教習(MT)を受けた所感を書く

今日は「教習を受けた所感」の最終回で、普通自動二輪MTの教習を受けた所感を記載したいと思います。
「バイクへ乗りたい!」と思った方が受講する教習は大半はこの普通自動二輪MTを受講すると思うので、免許取得に向けて私が感じたことを記載してなにか1つでも参考になればよいかと思います。


ちなみに私の免許経歴としては
 普通自動二輪MT中退→普通自動二輪AT→MT限定解除(→大型自動二輪
となっているので、経緯が異色、かつ普通二輪MTの教習時間自体は短くなっていますが、その後大型自動二輪を受講しているのでその時の経験で保管していきたいと思います。
なお各情報は私が通った自動車学校でのものに基づいています。

大型自動二輪の教習についてはこちら 

tremolopicking.hatenablog.com

普通自動二輪ATの教習についてはこちらtremolopicking.hatenablog.com

 

  

教習費用

普通自動二輪MTの教習費用ですが、普通自動車免許の取得していると12万円程度となります。普通自動二輪ATより1万円ほど高くなっています。普通自動車免許をもっていない場合だと5万円程度の上乗せがあるのは普通自動二輪ATと一緒です。
ちなみに普通自動二輪MTの限定解除は50000~60000円程度となりますが、最低限普通自動二輪小型ATは取得済みでないといけないので、将来的に普通自動二輪MT以上のバイクに乗ることを想定しているなら最初から普通自動二輪MT(教習所によっては大型自動二輪)を受講するのが一番コスパが良いです。

教習時間

普通自動車免許を持っていれば「17時間(実技)、1時間(学科)」となります。普通自動二輪ATに比べて教習時間が4時間ほど長くなります。またATと同じく「二輪特有の交通法規や安全運転マナーに関する講義」があるため学科が1時間行われます。
普通自動車免許を持っていないと、「19時間(実技)、26時間(学科)」となります。普通自動二輪が初免許になる場合は学科をここで履修するので学科の時間が大幅増となります。

使用車種

教習で使用するバイクの紹介です。

車種、外観、車重

乗車するバイクは「CB400SF」となります。教習車仕様になっていてバンパー等やバイクの状態を示すランプが付帯します。

f:id:tremolopicking:20200613165012j:plain

出典:https://www.honda.co.jp/news/2017/2171123.html

 

車重はバンパー込みで207kgとなります。普通自動二輪ATで使用するシルバーウイング400とは小柄な大人一人分程度軽くなります。とはいえ2020年現在では中型では非常に軽量なバイクも多数存在する(例:Ninja400は167kg)ので、この207kgというのは中型バイクの中では結構な重量級です。


バイクの取り回し、基本操作

実際のバイクの使用感です。まずバイクの取り回しですが、CB400SFはアップハンドルで力がかけやすく、かつシートも高さがあるためバイク自体を腰で支えることができるため非常に安定しやすいです。

f:id:tremolopicking:20200613222856p:plain車重は中型としては重いですが支えやすく、力がかけやすいため安心して前進できると思います。シルバーウイング400と比べると取り回しのしやすさは雲泥の差があります(笑)。ただし重いことは重いので夏場であれば余裕で汗だくになります。


バイクの引き起こし

次に倒してしまった時の引き起こしです。引き起こし自体のやり方はどのバイクでも共通で、腕で車体を起こそうとするのではなく、クラウチングスタートのような体制でバイクのハンドルと車体(教習車ではバンパーでも可)を持ち、そのまま地面と車体の間に体を突っ込ませて車体を起こしていきます。
実際にやってみると正直なところシルバーウイング400よりはやりづらい(NC750とはどっこいどっこい)と思いました。
シルバーウイング400と比べると車重は軽いのですがバンパーの位置が若干微妙で、転がした時の地面と車体の空間がシルバーウイング400ほどは無いというのがその理由です。
とはいえCB400はバイクの基本形とも言えますので、このバイクで引き起こしができれば大概のバイクの引き起こしはできると思いますので頑張って乗り切ってください!

f:id:tremolopicking:20200613222917p:plain


発進

個人的にはMTの第一関門です。これがマスターできれば卒業に必要な技能の半分取得できたも同然です(個人の感想)。
発進の仕方は以下の通りです。
 ①クラッチ(左)を握りリアブレーキ(右足)で車体を固定する
 ②アクセルをほんの少し開き3000~4000回転くらいの位置で固定する
 ③クラッチを徐々に離していき、回転数が下がるところで固定する
 ④リアブレーキを離す
AT車と比べて行程が多いです。特に②と③が教習始めたてでは苦労すると思います。
まず②ですがこれはエンストを可能な限り防ぐために行います。MT車のエンジンは回転数が一定以下(500回転以下くらい?)になると自動的に止まります。これがいわゆるエンストです。エンストは卒検においては減点対象で4回連続でエンストすると発車不可能とみなされその時点で不合格となります。また一部エンスト1回で不合格になる個所もあります(踏切の中でのエンストと一本橋でのエンスト)。
②を行うことでエンストが発生するまでのエンジン回転数まで下げることなく半クラッチの状態にできるため、特段の理由がなければぜひ実施いただきたいです。
③がいわゆる半クラッチです。エンジンの動力がある程度バイクに伝わっている状態です。この状態でバイクが動かずでもエンストしないのは、リアブレーキの力がバイクの前進しようとする力に勝っていて、かつエンジンの回転数が一定以下になっていないからです。
バイクにはエンジンの回転数を示すタコメーターCB400だと右側にある大きいメーター)があるので、3000~4000回転に回転数を上げてクラッチを離し、500~1000回転程度回転数が落ちたらリアブレーキを離すとバイクが進みだします。

f:id:tremolopicking:20200613222934p:plain

注意点としてはこのクラッチ操作はバイクによって個体差があり、教習のたび(バイクが変わるたび)に回転数が落ちる位置が結構変わってくるということです。教習都度、半クラッチの位置は注意深く確認しましょう。
あと半クラッチは慣れないうちは「徐々に離す感覚」が掴めていないため、徐々に離しているつもりでも一気に回転数が落ちでエンストということが頻発すると思います。これは慣れるしかないので、教習の中で失敗しまくっても腐らず自分の中での感覚をつかんでいってもらえればと思います。

シフトチェンジ

MT車特有の操作としてシフトチェンジがあります。MT車はバイクの状態に応じてシフトの操作を行うことで効率的な走行を行うことができます。いわゆる変速機構(自転車にもついてる)と呼ばれるものでCB400SFでは1速~6速に分かれています。
〇速の数字が低いほどアクセル操作に対する反応が敏感で進もうとする/停まろうとするパワーが強いですがエンジンの回転数に対する速度が遅く、数字が大きいほどアクセル操作に対する反応は鈍く進もうとする/停まろうとするパワーも弱いですがエンジン回転数に対する速度が早いという特性があります。
例えば発進時はバイクを止まった状態から動かさなければいけないので大きいパワーが必要です。こういう時は一番パワーが大きい状態(1速)にして発進します。
何も考えなければそのまま走っていてもよいのですが、速度を出すためには鬼のようにエンジンを回転させないといけないので効率が悪いですし、アクセル操作がシビアでちょっと開く/閉じるだけでバイクが前進/停車しようとして扱いづらいです。一回走り出せば1速のようなパワーはいらないので、2速に上げて適切なパワーと回転数で効率的に速度を出せるようにします。その後は速度に応じて3速、4速…とシフトチェンジをしていきます。感覚としては4000~5000回転くらいで1つ上に切り替え、2000~3000では1つ下げるようなイメージです。
ちなみに教習所では速度的に1~3速までしか使わないです。3速も特定の箇所(急制動と別途指示がある個所)しか現実的には使用せず、30%が1速、60%は2速、5%が3速というイメージですね。4速以上はオーバースピードになるため使用機会がありません。

 

エンジンブレーキ

上述のエンジンの停まろうとする力をエンジンブレーキと呼びます。MT車はフロント/リアブレーキのほかにこのエンジンブレーキを使用してより効率的に減速することが可能です。

 

低速走行

教習においては低速での走行を求められる箇所がいくつか存在します。MT車はバイクの車体を膝で挟み込む「ニーグリップ」というものを行えるため、バイクとライダーの体を一体化させて安定性を向上させることができ、低速走行が苦手なバイクでもAT車に比べれば安定してゆっくり走ることができます。これは低速走行を求められるクランクや一本橋大きなアドバンテージになります。

f:id:tremolopicking:20200613223004p:plain



教習における走行

さてここからは各課題走行について所感を記載しようと思います。なお中型には波状路はないので説明は省略します。 

坂道発進

これは平地での発進作業の応用編でバイクを上り坂で一回止めて、そこからバイクを決してバックさせずかつエンストせずに発進できるかを見る課題です。
バイクの後ろ側に重力がかかるので、平地での発進時よりも多くエンジンの動力をバイクに伝えて発信してあげる必要があります。なので平地よりもエンジン回転数を高く保ち、クラッチも平地よりも若干多めに離してやるとスムーズに発信できるかと思います。
ちなみに坂道でエンストしまくる場合はギアが1速に入っていない可能性があります。慣れれば2速とかでも発進できますがそれをやる意味は全くないので、坂道で停車→発進する際はまずギアが1速に入っているかを確認しましょう。

f:id:tremolopicking:20200613223023p:plain


クランク

これは幅が狭い道の直角カーブを一回も足を着かずかつエンストさせずに行えるかを見る課題です。左折と右折両方とも行います。なお道の両端に嫌がらせのようにパイロンが等間隔で設置されていて、卒研時にこのパイロンに接触すると一発終了で不合格になります。
MT車ではクランクはATほど難しくはない課題ですがそれでも何も考えずにできるというわけでもないと感じています。
コツとしてはまず2速でクランクに進入します。1速はアクセル操作がシビアなのでやめた方が良いです。低速走行を求められるのでニーグリップを意識し、半クラッチとリアブレーキを使って10km/h程度で走行します。カーブは道の中心の外側に寄り、車体を傾けずにハンドルで曲がります。速度調節はクラッチとリアブレーキで行います。カーブの外側のバンパーには案外当たらないので結構寄せてしまっても問題ないです。

f:id:tremolopicking:20200613223040p:plain

 

S字

S字状の道を両端に設置されたパイロンに触れずかつ足を突かずに突破する課題です。これは難しいところはありません。2速で進入して道の真ん中を普通に進めばOKです。

f:id:tremolopicking:20200613223106p:plain

 

一本橋

バイク教習課題での代名詞ともいえる一本橋です。この課題は一本橋前に一時停止してしたのち、「長さが15メートル、幅が30センチメートル、 高さが5センチメートル」の一本道をコースアウトせず、かつ規定時間(中型は7秒)以上かけて走りきる課題です。平均台ともいわれるかも。
MT車では地味に橋に乗るところで失敗する人がいます(私がそうでした)。半クラッチのままではパワーが足りずに橋に乗れないので、バイクが発進したら1速のままクラッチは離し切りましょう。
橋に乗った後は半クラッチ+リアブレーキで速度調節を行います。エンストすると1発終了のため、アクセルは少し開け一定以上の回転数を維持します。またバランスはハンドル操作で保ちます。
全車種で共通ですが、一本橋は前半戦で時間を稼いで後半は欲を出さずにミスしないように走りきることを重視するのが良いと思います。また前半後半ともに落ちるくらいならさっさと渡りきってしまった方が良いです。中型は規定時間が7秒で1秒足りないごとに5点減点なので、極論を言えば1秒で渡りきったとしても他の検定項目で減点が1点もなければ合格できます(卒研は100点満点からの減点法で採点します。70点以上で合格です)。

f:id:tremolopicking:20200613223128p:plain


急制動

急制動始点に40km/h以上で進入して規定された距離(乾燥時:11m、湿潤時:14m)の間で停止できるかを確認する課題です。
難しくはないのですがMT車では面倒くさい課題かと思っています。MT車では3速40km/h以上でブレーキ開始時点に進入する必要があるため、クラッチシフトアップの操作が忙しいです。
私の感覚では発進したらすぐに2速に入れます。さっさと40km/hまで到達させたいのでアクセルは平時よりも多めに開き、30km/h程度に到達したら3速に入れあとはブレーキ開始時点までに40km/hより若干速い状態としてエンブレを使って42km/h程度になった習慣にブレーキ開始時点に到達できるとベストです。
ブレーキ開始時点に40km/hで突入したらブレーキをかけますが、MT車では前後のブレーキを7:3がベストといわれます。MT車は後輪がロックしやすく強くかけるとすぐロックしてしまいます。
ブレークかけすぎてタイヤがロックすると卒検では一発アウトになる(とくに前輪ロックはバランスがきわめて崩れるので危険)ので停止までの規定距離を一杯まで使って止まることを心がけるとよいでしょう。なお停止時にギアを下げずにエンストしてもOKです。ただ発進前に1速に戻すことを忘れないようにしましょう。

f:id:tremolopicking:20200613223145p:plain


スラローム

スラロームは規定時間内に一定間隔に設置された障害物をよけながら走行し、障害物にふれないように安全運転できるか、 バイクをを傾けたときにふらつかないか、バランスが十分にとれるか、 速度調整をスムーズにできるかを見る課題です。
MT車では2速でスラロームに進入して速度調節はリアブレーキで行います。クラッチ操作は不要です。フロントブレーキも特にカーブの最中に使うとバランスを大きく崩してしまって危険なので使わないです。
曲がり方としては曲がる方向のステップ(足を置いている部分)を踏み込むと同時に曲がる方向と逆の膝(左に曲がる場合は右膝)でタンクを曲がりたい方向に押してやることで
パイロンを曲がった後は一瞬だけアクセルをふかして車体を起こしてやると次のパイロンを避ける契機になります。イメージとしては曲がるたびに「ブン!ブン!ブン!ブン!ブン!」とエンジン音がする形です。
なお規定時間は中型は8秒ですがこれは結構余裕があります。私の感覚としては中型のスラロームは何も考えずに突破できる楽勝課題の一つでした(大型では一気に苦手課題になりましたが)。

f:id:tremolopicking:20200613223200p:plain


法規走行

全車種で法規走行は2段階目で本格的に学習することになると思います。進路変更、カーブ時の安全確認等々ですがどのバイクでやりやすい、やりにくいということはありません。走行時の自分を含めたすべての運転手の安全を確保するための大切な行いですので、必ず順守して走行を行ってください。


まとめ

以上が普通自動二輪MTでの教習全般における所感です。多くのライダーの出だしとなる教習かと思いますが、それゆえに体得すべき基本的事項ばかりです。1つ1つの教習を愚直に学ぶことが安心・安全に楽しくバイク乗ることにつながります。
時には失敗やうまくいかないこともあるでしょうが、頑張れば絶対に免許は取れますので、1人でも本記事を参考に免許を取得いただき、楽しいバイクライフを送ってもらえればと思います。

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ガソリンのレギュラーとハイオク、そして軽油との違い

東京アラートが本日の0時に解除されましたが、私は今週から週2程度の出社となりました。久々に原付に乗ったのですがガソリンがなかったので会社帰りに給油。その時にふと思いました。

「そういえばガソリンのレギュラーとハイオク、軽油の違いってよくわかんないな…」

ということで今日もバイク基礎知識を学ぶためにガソリンについて調べてみたいと思います。

 


ガソリンとは何か

ガソリンについて調べるうえで前提となる「ガソリン」について改めて調べてみました。

ガソリンは、クルマを動かすための燃料としてもっとも身近なもの。ガソリンは石油製品のひとつで、原油を精製して作られる。タンカーで産油国から運ばれてきた原油は、製油所の加熱炉で約350℃に加熱され、蒸気(石油蒸気)になって蒸留塔に送られ、沸点によって石油製品に分類・抽出される。
ガソリンは沸点30-180℃。灯油は170-250℃。軽油は240-350℃。残りの重たい油が、重油アスファルトになる。
出典:https://www.webcartop.jp/2017/06/126422/

ガソリンのもとは原油でこれを蒸留すると沸点の違いにより、ガソリン→灯油→軽油となり、残りが重油アスファルトにあるとのことです。アスファルトは皆さんおなじみの道路の舗装に使われるやつですね。重油はボイラーの燃料などに利用されるようです。
ここで軽油がすでに出てきました。ガソリンと軽油の違いは沸点の違いにより分類化されたといえそうです。ちなみに軽油を英訳すると「Dieselディーゼル)」といいます。字のごとく軽油ディーゼルエンジンの燃料として利用されます。たまにネタなのか本気なのかわかりませんが、軽自動車に軽油を入れて大変なことになるという事件が起こりますが、その車にディーゼルエンジンが積まれていないのであれば明確に間違いですね。
ちなみにディーゼルエンジンを搭載したバイクというのも存在するようで、量産車としてはロイヤルエンフィールド・インディアのタウラス(ブレット・ディーゼル)やロビンといったものが有名どころだそうです。

 

ガソリンのレギュラーとハイオクの違いについて

運転免許をお持ちでなくても大概の方が知っているかともいますが、ガソリンには2種類あります。すなわちレギュラーガソリンとハイオクガソリンです。この2つの違いは「オクタン価」の違いにより分けられます。
そもそも純粋なガソリンは自然発火しやすく、そのまま自動車の燃料に使用するとノッキング現象という異常燃焼を起こし、エンジンに不自然な動きや振動を起こします。こういった現象を起こさないために、自動車の燃料となるガソリンには添加物が加えられ、異常燃焼を起こさないよう工夫されています。オクタン価とは上述の異常燃焼の起こしにくさを示す値のことで、オクタン価が高ければ高いほどそのガソリンは異常燃焼を起こしにくくなります。そしてこのオクタン価の数値によってハイオクかレギュラーかの区別がされるのです。以下がオクタン価の基準となります。
 ・ハイオク:オクタン価96以上
 ・レギュラー:オクタン価89以上(96未満)

誰でも認識しているハイオクとレギュラーの違いとして値段の違いがあります(だいたい1Lで10~20円くらい違う)。これはガソリンに投入する添加物の量がハイオクの方が多いので単純にその分お値段が高くなっているというわけです。

 

世の中の「ハイオク指定車」とは何なのか

文字通り給油の際は「ハイオクを入れなければならない」車やバイクのことですね。ハイパワーな車(バイク含む)や多くの外国産の車(バイク含む)が該当します。
特に外車は軒並みハイオク指定なので「どいつもこいつも高級志向め!」と思われがちですがこれはうがった解釈で、真の理由は海外のガソリンになるようです。
とくにヨーロッパではオクタン価が91,95,98の3種のガソリンが売られているようなのですが、車はオクタン価95のガソリンを基準にして作られているようです。この時点で日本のガソリンとしてはハイオクの基準となるので、それが輸入されれば自動的に「ハイオク指定車」となってしまうというわけです。

 

レギュラー車にハイオクガソリンを入れるといいことある?

結論から言うとありません。レギュラー車にハイオクを入れた場合、パワーがあがったりエンジンがキレイになるという話を私も聞いたことがありますが、実際はレギュラーを入れた場合と何ら変わらず、ただ単にレギュラーとの差額分のコストがかかるだけです。
一方、ハイオク専用車にレギュラーを入れるのは極めておすすめできないです。上述の通りレギュラーはハイオクに比べてオクタン価が低いため、ノッキング現象を起こしやすくなりエンジンの故障などを起こしやすくなるからです。
結論としてはハイオク専用車にはハイオクを、レギュラー専用車にはレギュラーを入れるのが一番いいということですね。
なおガソリン車(ハイオク、レギュラー)に軽油を給油したり、ディーゼル車にガソリン(ハイオク、レギュラー)を給油したりした場合は黒煙をあげるなどエンジンの故障の原因になります。軽油ディーゼル車専用の燃料であることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ということで今日はガソリンについて調べてみました。ご自身の車やバイクに指定された燃料の指定を守らないと最悪エンジンの故障を引き起こしかねませんし、問題がなくともメリットもないというのが上限になります。給油の際は適切な燃料を使用するようにしましょう。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村